オリジナル商品


飛散緩和シャドーコートミラー

シャドーコートミラーの特長

  1. 外見上は一般的なミラーとなんら変わることがありません。

  2. 破損した場合、レンズの破片が飛散することを緩和します。

  3. 特殊なコーティングはレンズ裏面に施されています。




シャドーコートミラーとは...
外見上何ら変わることのないミラー、しかし、いざ破損した場合レンズの破片を飛散することから緩和する黒子役という所から陰の立役者にもじっています。
また、コーティングしている場所がレンズの裏側というところからもきています。
これが、シャドーコートミラーです。
現在、バスや営業車などのユーザー様から引き合いないし採用していただいています。
なぜこのような反響があるのか私どもは各ユーザー様のご意見を伺いました。



例1 バスについて(路線バス)
バスの運行時に、停留所における停車・発車、又走行時においてバックミラーが破損した場合、このバスは運行停止となります。
また、バックミラー破損時において破断片の飛散、ならびに破断片の脱落における事故の危険性をなくしたいとのことです。
特にバックミラーの破損時においての車内事故は、乗客への危険性を伴います。
車外においては、脱落したガラス破片の事故処理が各交通局で問題とされているようです。



例2 営業車について(物流業務車、建設機械<略して建機>)
バス同様に危険回避の考えがあるようです。
特に、バックミラーは非強化ガラスが一般的であるためPL問題になりません。
しかし、いざ事故となりますと車の使用者に対して損害賠償が発生します。
その理由としては、国内における保安基準においてバックミラーの飛散に対し規制がないためです。
そのため、営業車に関しては事故を起こすことによるイメージダウンを気にされているところが多いようです。
また、建機に関しては、すでに製造メーカーの標準装備(バックミラーの裏面にシール装着品)がされている機種もあり、安全への認識が伺えられます。




= 鋼球落下試験 =

シャドーコート処理をしていないミラー

シャドーコート処理をしたミラー

お問い合わせは大東プレス工業株式会社
sales@daito-press.co.jp
までお寄せください。